ファイヤーライフ庄内のスタッフが日々のできごとや薪ストーブの豆知識など色々なことを綴って行きます!

2012.10.31

今日は現調です。

既存でストーブをつけているお客様

ストーブの燃えと燃費が悪く

風が強い時は逆流するというお悩み

 

そこで、まず外から見て確認

案の定、棟の高さより煙突が低い

そして、シングル菅で

煙突が横に2Mほど走っている。

 

結論

?煙突がシングル→排気温度が下がりドラフトが鈍る→煤が溜まりやすい。

?横に2M・・・→ドラフトが弱まる→燃焼効率が下がる→燃費が悪い

?棟の高さより煙突が低い→風の巻きの影響を受ける→逆流

外から見ただけでまずこれだけの不具合がある。

 

その他に補足すると

固定支持部が貧弱で不安定→たぶん風で結構ゆれるでしょう。

 

以上のことより

まず、ストーブ本体よりも排気の環境改善が最重要

顧客の要望は既存の位置同じ

煙突も同様位置から出したいというもの・・・・。

 

違った提案もあるのだが

とりあえず顧客の要望にそって計画。

 

後もう少し補強を加えたいところです。

既存の取り付けよりはかなり強固ですが一応の回答です。

 

薪ストーブはちゃんと手入れすれば一生ものです。

楽しく、安全につかっていただきたいですね。

|現場調査|TOP|

2012.10.29

鶴岡大産業フェア Part2

  初日、天候にも恵まれ大勢の方に足を運んでいただき、二日目の期待を

胸に家路につきました。ところが、その晩鶴岡では突風と大雨が吹き荒れ

なぜこのタイミングなんだろうと・・・。

 

 そういえば、日中こんなやり取りがありました。

「俺、雨男なんだよな〜。」と社長がボソリ。すかさず

「私は晴れ女です!」そんな会話を思い出しながら朝を迎えました。

   

 朝起きるとどんよりとした曇空。今にも降り出してもおかしくない

ような真っ黒い雲で覆われていました。

 

  ストーブを出して炊きたい、ピザも焼きたいが、真っ黒い雲が

社長の判断を困らせていました。今日は、必ず降るから諦めよう

との連絡があり、断念しましたが、現場はまだ降ってないし、

降ったらしまえばいいと、ストーブを出しては、引っ込めの繰り返し。

 

 

    

 

 

 左隣はペレットストーブ。右隣は、囲炉裏と、並ぶ中、真ん中の

FIRE LIFEを掲げている私達。そこで「よし、火をつけよう!」と

社長のGOサインが出て、私たちのやる気にも火がつきました!!

  

 

 

 火のぬくもりを求め、色んな人とのコミュニケーションが

広がりました。焼きたてピザは大人気でした。食べられた人は

みんな嬉しそうな笑顔(((o(*゚▽゚*)o)))でラッキー!

  火を落としてからも、手をかざし、余韻に浸る一幕も。

また若い人達も興味津々。ストーブを見て、熱心に話を聞いて

下さったりして、大盛況にて幕を閉じました。

 

 

 

 

雨男と雨女が一緒で一日中、今にも降ってもおかしくない曇空

しかしながら、何とか降られなかったので、晴れ女の勝利かな〜

と思い、二日間無事終了できました。

次回11月3日に開催される、ほとりあ『里山マルシェ』

晴れますように・・・

 

 

 

 

 

 

 

|ブログカテゴリ|adachi misa|TOP|

2012.10.25

鶴岡大産業フェア開催

先日 毎年恒例の鶴岡大産業フェアが小真木の運動公園で開催されました。

当店も積極的参加しました。

 

2日前より女子社員によりパイ生地の準備が進められ

後は当日の天気に期待が集まりました。

 

パイ生地つくりに奮闘する女子社員

 

初日は心配された天気も運を味方にし問題なし

設営も順調に進みました。

 

着々と進む設営作業

 

予想を上回る大勢の来場者もあり当店のブースも大賑わいでした。

 

「このストーブ たがそうだっちゃ なんぼすんなだや」

 

「あったけの やわらけ あつさだなやの」

 

「い たでなおさねば だめだやの」

 

「おらいだば おぐどごねなやの」

 

なんて嘆きの声も

 

接客に大忙しの栗本社長

 

ピザも上手に出来ました。

 

焼きあがった頃には匂いに釣られ、はたまた大勢のギャラリーが

 

 

 

これまでが初日の様子です。

 

2日目の様子は当店のマドンナが報告します。

 

こうご期待

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|イベント|sato ryuji|TOP|

2012.10.18

薪ストーブユーザーが増えてきました。

ユーザーが増えるのは良いことです。

ECO意識も高くなってきているのでしょう。

 

しかし、問題なのは薪!

薪は作るまでのエネルギーは人力であれば0です。

まあ、お父さんのエネルギー『お酒・おつまみ』は必要かもしれませんが

 

ただ、一つ知っておいてほしいのが

乾燥の問題です。

生の薪でもそこそこ燃えるのでそれで良しとしている方が多いという事です。

特に今時分もらった薪などは含水率40%以上!カロリーも半分くらいもでません。

ただ、煙をもくもくと出して木が燃えているだけなのです。

 

薪ストーブは本来はガスストーブ

乾いた薪からでるガスが燃料となり燃えるのです。

 

生の薪から出る不完全燃焼の煙は

主成分が酸化炭素・炭化水素・タール・煤です。

 

これを大気中に放出するのはECOどころの問題ではありません。

今の薪ストーブはこれらの成分を燃焼させてカロリーに変えることで

環境負荷を少なくし、同時に燃費にも寄与するように出来ています。

 

煙が燃えるためには550℃の温度が必要です。

焼却炉でもなぜ一般の使用制限が厳しくなったか!?

それは温度管理が出来ていない為

環境負荷が大く、行政が定期検査と使用量を制限した為です。

 

薪ストーブはそのような制限はありません。『日本だけ!』

だからといって、薪ストーブだから許される!ってわけには行かないのでは!?

 

ECOを意識するならば使う側もきっちりと理解する必要があります。

 

興味のある方は当社ユーザー様以外にも説明いたします。

 

楽しいばかりが薪ストーブではありません。

 

楽しく使って頂く為にもきっちりとした知識が必要なのです。

 

 

      含水率20%以下!基本です!

|環境!|kurimoto masayuki |TOP|

2012.10.15

今日は三川町S邸の試運転!

夏に施工した三川町のお宅なのですが

試運転は暑いから勘弁してくれとの事で、

今になってしまいました。

 

今年の猛暑はストーブの取り付けも過酷でした。

山形はこれから冬に向かいます。

あと、1ヶ月少々で初雪も降るんでは・・・・。

 

補助金も残りわずか!お早めのご依頼を!

 

さて、玄関口ではお客様が焚付の薪を小割してくださってました。

感謝!

 

で着火です。機種はイントレビット

この家にはお似合いのサイズでした。

 

ドラフトもキッチリ起きてます。バッチリです。

 

結構雰囲気の良い御宅です。

シーズン中遊びに行こうと思ってます。

|着火・試運転|kurimoto masayuki |TOP|

ファイヤーライフ庄内

〒997-1122
山形県鶴岡市友江字川向61-1㈱大和内
TEL:0235-33-0101
FAX:0235-33-2126
営業時間: AM9:00~PM6:00

ファイヤーライフ庄内  〒997-1122 山形県鶴岡市友江字川向61-1㈱大和内 TEL:0235-33-0101

Copyright ©2012 Firelife all rights reserved.