ファイヤーライフ北大阪のスタッフが日々のできごとや薪ストーブの豆知識など色々なことを綴って行きます!

2013.8.31

暖炉

今週、経営研修会で長野県の蓼科に行ってました

そこのとあるお店でかっこいいドデカイ暖炉を見つけましたョ

 

 

夏場なので火はついてなかったんですが

ココで火を眺めながら

お酒を飲んだり

美味しい料理に舌鼓を打ったりすると

「メチャクチャ楽しいんやろなぁ〜」とか

「エエ空間やなぁ〜」とか

「オシャレやな〜」とか

研修に来られてる他の人達も

羨望の眼差しで見てましたょ

 

 

 

でも、確かにカッコよくてドデカイ暖炉ですが

こんなに大きい煙突口なので冬場は暖気を吸い取られまくって寒いんやろなぁ〜

とか思ってしまうのは、職業病なのでしょうか?(´・ω・`)

|ブログカテゴリ|小山 利成|TOP|

2012.6.24

住まいにおける家族の役割

 

北大阪の小山です♪

 

ファイヤーライフ静岡の櫻井社長より「ザ・薪ストーブ」のタスキ、受け取りました

大変お待ちしておりました ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ

櫻井社長、私のガッツポーズが目に浮かばれるとの事ですが、実際に見ていただきたく

「小山のガッツポーズ集vol.1」を本日発送いたしましたので、ごゆっくりお楽しみ下さい (*^-゚)vィェィ♪

 

さてさて、タスキがまわってきたので前項までの分を一読いたしましたが

流石、ファイヤーライフグループのみなさん

どれも素晴らしいですね

みなさんのように走れるかどうかはワカリマセンが

思いついたことをボチボチ書いていきます

 

__________________________________________

 

第三章 「現代における薪ストーブ」

 

8.住まいにおける家族の役割

 

人間は家族を形成して生活を営み、子供を生み育て、その子供が成人して新たな家族を形成していく。

昔の世代が今の世代に、今の世代が次世代に代々繋いでいくと言うところから「家族」の役割を考えていきます。

 

その昔、「家族」とは祖父母、息子夫婦、その子供たちなどが同一の世帯に住む多世代同居が一般であり

いわゆる大家族が社会の基礎的単位となっていました。

そこでは、息子夫婦のみならず祖父母や子供たちも農作業などの労働に従事し、各々が役割をはたしていて

生活の場と労働の場が一体にとなっていて、生活面でお互いを助け合い、皆が共に成長する。

「家族」とは、生活共同体でした。

ひとつ屋根の下で寝起きをし、ひとつの食卓で家族全員が食事をとりながら会話を楽しみ、

労働などをする親の後ろ姿を見て、子はしぜんと色んな事を学んできました。

 

しかし近年になると、多世代が同居する大家族から核家族へと変容し、

夫は外で働き、妻は家事を担うなど、生活共同体であった「家族」は形態が変化しました。

さらに、利便性を追求して余った時間を、共有することも無く個々で費していき、

ひとつ屋根の下で寝起きはしていても、家族全員で食事をとることも少なくなり会話も無くなり

顔を会わす事も少なくなってきているともいいます。

確かに忙しいでしょうし、パソコンなどを使えば簡単に情報などは得られます。

ですが、それらからの情報だけを得るだけでは、コミニケーション能力が欠落するのではありませんか?

五感で感じると言う事をデジタルは完璧に伝えてくれるでしょうか?

これで親から子へ、世代から世代へ、いろんな事を繋ぐことができるでしょうか?

 

前項にも書いておりますが、「火」は危険だとか怖いだとかで家族の居場所である

家庭から無くなりつつあると言われています。

「火」を見る事もなく、感じることもできず、教えてもらう事も無い状態では

これから生まれてくる子は、「火」は怖いものだとしか認識しないのではないでしょうか?

生まれてくる子にすると、家族は一番最初に触れる他者です。

家族とのふれあいから、他者とはどんなものかを知っていきます。

人は信頼できると思えるか?それとも、人は怖いものだと思うのか?

また、家族とのやりとりの中から、他者の中での自分とはどんなものかも知ります。

自分に何かできることがあるのか?何もできずに依存するだけの存在なのか?

 

子が、自分には能力があると感じられるような働きかけを「勇気づけ」と言います。

「勇気づけあう家族である」ということが、子の発達によい影響を与えると言います。

危ないと言われてる「火」も、家庭内にある「薪ストーブ」を使用する事で、

「火」の安らぎ・優しさ・暖かさなどを教えることができるアイテムの一つです。

親が薪を割り、薪を運び、火をつける、時にはストーブクッキングなどする。

初めのうちは子も、親の後ろ姿だけを見ているだけですが、

見せた後に、言って教え、やらせてみる。

上手にできた子は、「勇気づけ」られ喜び、笑顔になります。

子が笑顔になると、親も笑顔になる。笑顔がある所に家族が集まる。

集まると、家族が昔のような生活共同体のようなものに近づいていく。

「火」一つとっても「薪ストーブ」でいろんな事を教えられます。

「薪ストーブ」は手間がかかるがゆえに、「火」の安らぎ・優しさ・暖かさなどを

子に伝えれる最高のアイテムの一つであるのは間違いありません。

 

「住まいにおける家族の役割」とは、親が子に、子が孫に文化を伝承していく役割を継承していく事ではないでしょうか?

 

 

 

__________________________________________

 

 

以上、構成力がなく乱筆乱文になって読みづらくさせて事をお詫びします m(_ _)m

 

なんか、こういう文字にして伝えるってホンマ難しいですね (゚ー゚;Aアセアセ 

伝えたいことをちゃんと伝えれるように、また精進します♪

 

で、次のタスキなのですが

同期生がアカンとのことなので、ファイヤーライフ総合サイトのブログを開き

最初にでてきた方にお願いしようかと思います。

 

が、最初にでてきたのがファイヤーライフ庄内の栗本社長(第一走者)でしたので、

その下の、ファイヤーライフ山中湖の羽田社長にお願いします。

 

テーマは、、、

 

第三章 「現代における薪ストーブ」

9・人間力を育てる

 

 

よろしくお願い致します ヾ(=^▽^=)ノ

|ブログカテゴリ|小山 利成|TOP|

ファイヤーライフ北大阪

〒573-0064
大阪府枚方市北中振1-2-5
TEL:072-835-1187
FAX:072-831-8406
営業時間: 平日 13:00~17:00  土曜日 11:00~17:00
定休日:水曜日・祝日・日曜日 不定休あり 詳しくは http://www.fl-kitaosaka.com/ まで 事前連絡をくださればご対応させて頂きます

ファイヤーライフ北大阪  〒573-0064 大阪府枚方市北中振1-2-5 TEL:072-835-1187

Copyright ©2012 Firelife all rights reserved.